SUNNY

その昔、まだ若かりし頃、SUNNYと言う音楽が流行してよく踊っていたものでした。
今回のSUNNYは韓国映画のリメイクだとか?

90年代の音楽25曲に合わせて、
過去の6人&現代の6人の女優さんたちが20年前と現代を明るく楽しく演じています。

映画は朝日新聞の試写会で観せていただきました。
感謝でした。
ちなみに、この試写会は女性オンリーでした。

物語は少しだけ裕福な家庭で夫と娘3人で平和に暮らしている奈美が主人公。
奈美の母の入院する病院で昔の友人芹香に再会して、余命一ヶ月のがんを知らされます。

夫が急に1ヶ月の海外出張になったため、奈美は芹香のために時間が自由に使えるようになります。
この一ヶ月は芹香にとっても限られた日々となっている残された貴重な時間。

芹香の願いは、
最期に、SUNNYのみんなに会いたい。

奈美は芹香の願いを叶えるために、興信所を使って当時の仲間を探し始めます。
あてのない仲間を興信所の探偵は探してくれて、何とか再会できたものの、
みんな大人になって問題を抱えて生きていました。

20年前、
みんなキラキラ輝く女子高生だった。
アムロに夢中になり、ルーズソックス、プリクラ、カラオケ・・・。
日本中をコギャル一色にしていた時代がありました。

とにかくはしゃぎまわって、仲間がいる楽しさで何も怖くなかったあの頃。
ダンスコンテストに優勝したら、
その賞金で沖縄に行ってアムロのコンサートを観ることまで夢に描いたり。

ワーワーキャーキャー
映画の音声も聞こえないほどコギャルたちの青春が映し出されていました。

女子校ならではのいじめ。
立ち向かう勇気、
仲間がいる強さ。
それぞれのシーンで、自分が人生の主人公なのだよと気づかせてくれます。

現在と20年前のわたしは同じ笑顔で笑っていたのかな?



阪神大震災直後、淡路島から転校してきた内気な奈美は、
SUNNYの仲間に入れてもらってから溌剌とした姿に変えられて行きます。
なんだか頼もしく見える元気な高校生に。

それがあなただよ、と仲間に教えてもらえる喜び。
仲間がいることで強くなれて自分らしく生きれる。
呼吸も楽にできる。
あるがままの自分で夢に向かって歩いていたあの頃。
懐かしくもあり、楽しかった日々。

一つの事件で仲間は離れ離れになってしまいます。

奈美やムードメーカーの梅が再会した芹香は、
末期がんで苦しみながらも、
残された日々を笑顔で前向きに生きていました。

人生をどう生きれば良いのかを弁えた人でした。

最期まで仲間たちに、
しあわせや目標を与えられるリーダーの姿は、かっこよすぎました。

芹香は宣告どおり、
がんに蝕まれて地上のいのちを終えます。

この映画はなんとも今風。
お葬式の場で笑えるとは想像もしていませんでした。
悲しいシーンのはずなのに、思わず笑えました。

最高の仲間がいて最高の人生を過ごして地上を去って行けるって、
なんて素敵な人生を過ごせた人なんだろうと思えました。

芹香の人生の最期は、輝く光のように描かれていました。

永遠に変わらない仲間を得ていた人生は最高。
お葬式も、悲しみではなく永遠への旅立ちだからいつかまた会える。
友情があるから、死も恐れず笑顔で旅立てるんだよと・・・。
芹香は最期まで明るく、美しかった。

何があっても笑顔で生きていこうね。
夢を捨てずに生きていれば、必ずしあわせが訪れるよ。
どんな時も笑顔をわすれないで・・・。

友情をいつまでも続けてね。

奈美もまた、仲間たちも芹香の死を通して
新しい希望に向かって歩きはじめます。

最後に、ダンス大会に出れなかった分、
踊ることを芹香の遺言としてみんなで踊ります。
20年前のみんなも一緒に♪

画像




画像


画像

******
女性は結婚することで、
友情が切れて行くことが多いものです。

結婚、あるいは子育てで疲れ切っていたり、
シングルを通してがむしゃらに働いていたり・・・
諦め人生も。

自分が輝くことも忘れて主婦の枠内に入っていくのが一般的なパターンです。
家庭をしっかり守るのも主婦の仕事だと思いこむ。
それも大事だけど、
やっぱり友情も恋も大事にしていきたいですね。


女性が美しく輝ける年齢の時がちょうど子育ての時と重なります。
気がついたらもう人生下り坂・・・。

いやだ、シワが、シミが・・・。
体のラインは崩れて・・・
こんなはずじゃなかった。

夫は浮気をしているし・・・。

そこで離婚するのか、忍耐するのか、問題が起きてきます。

同窓会も出たくない。

でも・・・
帰りたいな、楽しかったあの頃に・・・。



今、目の前にいる友だちは、ライン仲間?
本当に目を見て何でも笑顔で話せる友だち?

人生は二度と戻っては来ないから、
今、そばにいる大好きな友だちとの友情を大切に育てて行ってね!!

笑顔をいつまでもなくさないで・・・。

画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック